男性

素材集めは隅々まで抜かりなく|著作権フリーの音楽は購入出来る

ユーザー負担を少なくする

検索

インターネット時代の現在においては、インターネットから様々な申し込みや注文ができるようになっています。しかし、入力フォームのストレスで途中離脱してしまう可能性もあり、これを回避させるのがEFOです。ユーザー心理に立ったナビゲートを行うことでストレス軽減を行うのです。

» 詳しく読む

将来の顧客として意識する

パソコン

学生向けの広告は、コミュニティ内で話題になりやすく、ブームになれば大きく広がるという特徴があります。学生向けの広告で気を付ける点は、収入の少ない学生でも購入できる、価格設定にすることです。商品を気に入れば、長期的な顧客となる可能性が見込め、広告効果が高くなります。

» 詳しく読む

Webでの情報管理

広告

インターネットを利用した宣伝、広告などにおいて情報の正確さや信ぴょう性は重要なものとなるでしょう。企業が正確な情報を載せても、それに対し風評被害に直面することがあります。企業の評判が落ちてしまうと、今後の経営に悪影響を及ぼす恐れもあるので、早めに専門業者に依頼するようにします。

» 詳しく読む

利益に直結するページ

PC

顧客視点になっているか

ランディングページの役割とは、ビジターに申込というアクションを起こさせることです。申込の内容には、資料の請求やイベントの申込、商品の購入、メールでの問い合わせなどが挙げられますが、共通することは顧客を特定できる情報を入力させることです。ビジターにとっては入力の手間がかかる、個人情報を相手に教える、金銭的な負担が生じる、相手から連絡が来るかもしれないというあまり嬉しくない作業です。ランディングページに誘導するためにリスティング広告を出してみたり、自社のサイトに大きなバナーを設置するなどの対応が行われます。ここで問題となるのが、ゴールとなるランディングページが顧客視点になっているかどうかという点です。もし、顧客に訴える内容でなければ、手間のかかる、個人情報を渡す行為は行いませんから、リスティング広告にかけたお金は無意味なものとなってしまうわけです。

最適化でコスト削減

リスティング広告を有効なものにするため、ランディングページ最適化という作業を行う必要があります。この作業の目的は、ランディングページの離脱率が低くすることです。これにより、リスティング広告の効果が高まり、1購買あたりの広告費用を減らすことができます。ランディングページの特徴は、申込フォームへのリンク以外がないこと、デザインが派手で画像を使用することが挙げられます。選択肢を与えないこと、わかりやすい情報提供により、申込フォームへの誘導を図ります。顧客にとってどんな影響を与えるのか、それがいい影響なのか、品質、利用した人の声などなど、伝えるべき情報はたくさんあります。そして、縦長になったページの最後に申込フォームに誘導する大きなバナーを設置するわけです。最適化がうまくいけば、1人の顧客を獲得するコストが減ることとなります。素材集めは隅々まで抜かりなく行いましょう。

フリーを活用する

動画などの映像も広告として非常に大きな役割を果たします。動画に使用する音楽は著作権フリーのものを使用すれば、わざわざ使用許可を取る必要がないので手間も省けますしすぐに広告用の動画作りをすることが出来ます。著作権フリーの音楽は、ネットで販売されており、様々なジャンルのもが多く紹介されています。広告のイメージにピッタリの音楽を探せることでしょう。