婦人

素材集めは隅々まで抜かりなく|著作権フリーの音楽は購入出来る

ユーザー負担を少なくする

検索

途中離脱を防止する

EFOは、システムにおけるエントリーフォームの最適化です。インターネット時代に入り、各種申込や決済など、インターネット上で行えるようになりました。会員情報などの情報を指定のフォームに入力することで手続きを進めることができますが、エントリーフォームの入力のしにくさによって顧客の離脱も発生します。これを少しでも回避するのがEFOです。インターネット注文の成約率を高める方法のうちの一つとして、有効活用されています。例えば、必須項目を明確にし、入力漏れを未然に防ぐことや、送信確認や警告などのストレス要因を少なくする、住所などの入力はできる限り自動化し、入力の手間を最大限カットするなどがあります。入力フィールドのログ解析などで問題を具現化することで改善点が見出せます。

ユーザー心理に立ったナビ

インターネット上のフェイスでは、書面などにはできない支援機能が様々搭載されています。入力ナビゲーションなどのように、今入力しようとしてる場所の注意事項を表示させたりするのもEFOの観点です。あとどのくらい入力しなければならないのか、ユーザーの心理を上手につかんだ上でナビゲートすることができれば、ユーザーのストレスをより軽減させることにつながります。特にクレジットカードなど入力事項が多い場合には、離脱率が高くなる傾向があるため、EFOを有効活用する事を積極的に取り入れています。間違いを減らすためだけが目的ではありません。そのため生年月日の日付をプルダウンからカレンダーに変更するなどの方法も効果的な方法となります。