婦人

素材集めは隅々まで抜かりなく|著作権フリーの音楽は購入出来る

将来の顧客として意識する

パソコン

学生向けの広告の特徴は、口コミなどで学生の間で広がるよう、話題になりやすい目新しさや、人に話したくなるユニークな広告が、多く用いられています。学生向けの広告が話題になると、SNSなどですぐに拡散され、学生の間のコミュニティで瞬く間に広がるという特徴があります。学生は、最新の商品やサービスへのアンテナが鋭く、ブームを牽引する存在なので、広告が学生の間で話題になると、次に大人世代へも広がっていき、全世代へのブームを作ることが可能となります。学生はこれから社会人になれば、自由に使えるお金が増えていくので、気に入った商品があれば将来にわたる顧客となる可能性があり、年齢の変化とともに同じ会社の、よりランクの高い商品を買う傾向があります。

学生向けの広告で気を付けることは、まだ収入が少なく自由になるお金が少ないので、高額すぎる商品を広告しても効果が薄いということです。だからといって安すぎる商品では、ブランドイメージを損なう恐れがあるので、学生が憧れるくらいのちょうど良い価格を検討する必要があります。高価な商品であれば量を少なくして、気軽に試せるようにするなど、今後の購入を見越した、長期的な視野に立った広告戦略が効果的です。学生のテレビ視聴時間は減っている傾向にあるので、スマートフォンやパソコンなど、ウェブから簡単に目にすることのできる広告を選ぶなど、目に触れる機会の多い媒体を選ぶことも必要です。広告を目にする回数が多いほど、商品に親近感を抱く傾向にあるため、目にする機会が多いほど広告効果が高くなります。